広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 格差に思う      格差の連鎖を憂う

格差に思う      格差の連鎖を憂う


社会に差があることは当たりまえである。努力した人が上手くいき、お金が儲かり、いい生活をするのは当たり前だと思う。
しかし、その格差が子供に連鎖していき、子供まで貧しく、教育水準が低く、選択肢が少なくなるのはとてもまずいと思う。
親が金持ちだと選択肢が広いし、勉強することの意味や学歴の効用も親がよく理解している。しかし、貧困家庭では、親は本も読まない人が多く
学歴の効用もわからず、選択肢も狭い。ある統計で、東大生のほとんどの家庭は年収1500万円以上だというのだ。
これでは社会が不安定になり、逆転のチャンスもない。やはり、子供たちには、家が貧しくても、きちんと勉強できる無償の奨学金等の環境の整備が必要ではないだろうか。今の私が何とかなっているのは、親が大学に行かせてくれたから。大学で学問の方法やいろんな考え方を学んだからだ。
教育は人生のパスポートだ。これがあればどこでも生きていける。このパスポートは貧困家庭の子供にこそ必要なのだ。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る