広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「犠牲」 柳田邦男著 再読

「犠牲」 柳田邦男著 再読


柳田氏の息子さんは自死した。

原因はなかなか難しいが、様々なことに悩み苦しんで、この世を去った。
この本は、そんな状況の中、作家である柳田氏が、どう迷いどう生きたかの記録である。
柳田氏は、ジャーナリストで人の死にはずっと接してきた人だ。
その人が、自分の子供の死では呆然自失になっている。
三人称の死(他人)と二人称の死(家族)の死はまったく違うのだ。
この本は少し前の本だが、人を死に関して、いろんなことを考えされる素晴らしい本です。
もしかすると、あなたのまわりでも、今、死について考えている人がいるかもしれません。
この本を読んで、少し考えてみませんか?

無題



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る