広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「介護に嫌気がさした」

「介護に嫌気がさした」


介護施設から高齢者を転落死させたとされる容疑者が、こう犯行動機を語ってるらしい。
おそろしい。
何がおそろしいかというと、毎日、無数の人々が、深夜一人で介護施設で勤務していることだ。
今日も、明日も、グル―プホーム等で一人の勤務が続く。365日一人の勤務だ。
グループホームであれば、9人の認知症高齢者に対して、深夜は一人で勤務している。
その人たちが「介護に嫌気をさした」らどうなるのだろう。
いや、現実問題、かなりの人が嫌気をさしている。
深夜だけ勤務する非正規職員だけで回している施設もある。
みんな疲れて疲れて疲れはてている。こんな現状を変えない限り、悲劇は繰り返されるだろう。
広島の西区でも高齢者に適切な処置をせず放置した事件があったばかりです。

個人の犯罪だが、個人の犯罪で済ましてはいけない。

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る