広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > ひとりになれない人々      みんな弱いのだ

ひとりになれない人々      みんな弱いのだ


私は清原氏を野球選手としては尊敬するが、ひとりでは立てない人、ひとりでは生きれない人なんだなとつくづく思う。
常に誰かが支えなくては倒れてしまう人だ。
才能は素晴らしいが、ひとりで生きることができないと、いろんなものに依存してしまうことになる。
依存の対象は、薬物、アルコール、ギャンブル・・・・・様々だが、何かに強く依存して支えてもらわないと、立っていられない。
西欧では神を信じたり、個人を強化したりして、倒れるのを防いでいるが、日本の場合、個人個人でその強化をしなければ
誰も教えてくれない。
そんな脆弱な個人に、いろんな魔の手が忍び寄ってくる。カルトもその一つだ。
自分は強いと思っている人も危ない。そんな自信は、仕事をなくしたり、家族が崩壊した瞬間に吹き飛ぶくらい脆いものだから。

子供のころからひとりになろう、ひとりにしよう、ひとりに強くしよう。
こんな訓練をしとかないと、いろんな危機で、依存してしまい、大変な事態を招いてしまいます。

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る