広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「北の国から」       

「北の国から」       


再び観てます。現代を予言しているようなドラマですね。
これを1981年から放映していた当時のフジテレビに敬意を持ちます(今のフジテレビは・・・・・・)。
人間が何を大事に生きるべきか?家族とは何か?いろんなことを考えさせてくれるドラマです。

日本人が戦後に大事にしてきたのは、仕事(金)、学歴、資格のようなもの。
しかし、その結果、100万人の引きこもりというものを作ってしまいました。
もっと、親が家族に時間を使い、家族を開いて、地域に貢献したり、地域とのつながりをつくっていれば、こんなことには
ならなかったでしょう。父親が仕事(金)ばかりを追いかけ、母親が閉じた家庭の中で子供を育てた結果が引きこもりです。
「北の国から」はいろんなことを教えてくれます。
ぜひ観てみて下さい。今でも光り輝く作品です。今こそ観るべき作品です。

41V5FX7P8TL__SX258_BO1,204,203,200_



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る