広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 仮設住宅の生活を想う

仮設住宅の生活を想う


震災から五年になる。
しかし、まだ仮設住宅に暮らす人がいる。どんなに大変だろうか?
狭い部屋、薄い壁、いつまで続くのかわからない生活・・・・・・考えるだけでもしんどい。
私は原発絶対反対ではないが、こんな状況を解決しないで先に進んではいけないと思う。
原発の苦しみを背負った人々を棄てたまま、いろんな話を先に進めるのは反対だ。
そんなことをしたら、また同じことが起きる。
そしてまた国民の一部が棄てられる。
「仮設」というのはあくまで「仮設」。仮設で国民が死んでいくのを待ってはいけないと思う。

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る