広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > いっしょにいてほしい

いっしょにいてほしい


「お父さんにいっしょにいてほしかった」  こんな言葉をよく聴く。
これはいつもいっしょという意味ではなく、危機の時のことだ。
しかし、お父さんたちは、そんな時にも仕事仕事仕事。
危機に気づかない鈍感な人、子供のことなんか関心ないので見てない人、気づいても気づかないふりをする人・・・・・
いろいろいるが、子供からの信頼は崩壊する。
そして、二度と信頼は戻らず、「仕事バカ」とか「社畜」とか「あんな人間にはなりたくない」と言われる。
まさに、ごもっとも。子供の危機に手を貸さない父親はいらない。関心のない父親はいらない。
一番最悪の例は、宮崎元衆議院議員だろう(笑)
子供や奥さんは危機の時に、ただ一緒にいてほしいだけだ。
一緒に悩んだり、考えたり、共感してほしいだけなのだ。

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る