広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「放てば手にみてり」     道元禅師

「放てば手にみてり」     道元禅師


これは「いろんなものを手放せば、ほしいものが手に入る」ということ。
人は、今持っているものを手放さず、さらに自分が欲しものも手に入れようとする。
しかし、手を開かなければ、大事なものをつかむことはできない。
握ったままでは、大事なもの、大事な人は、奈落に堕ちていきます。
無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る