広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「光と影を映す―だからドラマはおもしろい」    山田太一

「光と影を映す―だからドラマはおもしろい」    山田太一


以前にも書きましたが、私は山田太一氏が好きです。
山田氏のテーマは一貫して「家族」
私も「家族」に関心があるので、山田氏の脚本や小説はとても勉強になります。

家族は難しい。この関係だけは自分で選ぶことができません。
親が嫌でも、子供が嫌でも、兄弟が嫌でも仕方ない(笑)まあ、捨てて、家を出るくらいしかできません。しかし無関係にはならない。
夫婦なら選べますし、離婚できます。友人も選べます。
親子だけがお互いの意思に関係なく「暴力的」です。
だから、いろんな事件が起きるし、興味深い。
近い関係だからこそいろんなことが起きる。これは国際関係と同じ(笑)

皆さんも山田ドラマを観てみませんか?家族の「影」を考えてみませんか?

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る