広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「相棒」をまったく観なくなった

「相棒」をまったく観なくなった


理由は、前回シリーズの終わりがとんでもないものだったから。
主人公の杉下右京が、相棒の本質や人間性を把握できず、頭が悪かったということになったからです。
もうどうしようもない。
私はてっきり、前回シリーズで終わりかと思っていたのに・・・・・また放送する。
もうどうしようもない。こんな流れを、惰性を、岸部一徳さんは見抜いていたのかもしれない。
やはり、やめ時、終わり時はなんでも大事です。
始めるときよりやめるときが大事。
私も、相棒を観て、いろんなことを考えました。

いろんな引き際をどうするか・・・・・。
無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る