広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > しくじり先生 松本明子

しくじり先生 松本明子


今回のしくじり先生で私が教わったことは、「子供から学ぶことができる親は大丈夫」ということ。
松本明子は子供に過干渉だったが、息子からその問題点を指摘され、それを克服した。
実に素晴らしい。
しかし、世の親たちのほとんどは、これができない。
親は教えるべき立場にあり、優れていたり、子供より物事がわかっていると盲信している。
これが、子供を苦しめる。親もたかがだ数十年しか生きていない。自分の人生しか生きていない。
そんな狭い情報量しかないのに、子供に教える立場にあると考えるからおかしくなるのだ。
大事なことは単純に、子供から教えてもらうこともあると心底思えるかだ。
これはパフォーマンスではいけない。そんなことは子供は見やぶる。
心底思えれば、すべてが変わる。垂直な関係がフラットになるのだ。
こんなことを、松本明子さんのしくじり講義から学びました。

og



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る