広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 引きこもり親子、沖縄を歩く

引きこもり親子、沖縄を歩く


今、私が関わっている引きこもりの親子が沖縄を歩いている。
お父さんと息子二人で沖縄を歩いている。
歩いたからどうなるかって?それはわかりません。
そんな無責任なこと言うなって?ええ無責任です。考えるのは親子の問題。彼らの問題です。
今、2人で今までの人生になかったほど話し合い、喧嘩し、格闘しています。
そこが大事。
今まで、無関心無関係だった親子が、本当の親子になろうともがいている。そこが大事です。
大事なことはそこだけ。
まさに、気持ちと時間をかけ、汗と血を流して二人で歩くことが大事です。
成果が出るかって?出るに決まってます。
成果が出るまで帰ってこないし、お父さんは遺言をのこして旅に出ていますから。

そして、親子になる

200194_main_W265H199



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る