広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親の殴らない暴力 今日も引きこもり相談

親の殴らない暴力 今日も引きこもり相談


これはどんなものかというと、「無関心」や「無関係」や「期待外れだなと思う気持ち」のことだ。
こんな親の気持ちはすべて伝わる。実際に殴るだけが暴力ではない。
暴力よりもっと子供にダメージを与え、自信を喪失させ、自分で生きていく気力を奪う。
親が、無関心や無関係になれば、当然、子供もそうなる。親子関係のことなので当たり前だ。
期待をするのがすべてダメなわけではないが、「あーあ、息子はなんでダメなんだろう」「どうしようもないな」
「期待外れでどうしようもないな」みたいな感情はすべて伝わり、そして、親子の関係がズタズタになる。
これを修復するのは不可能に近い。それは親の人間性の根幹にまで深く関わる問題だからだ。

無関心は、憎悪より、暴力よりおそろしい。それはまったく目に見えないからだ。

20130128192517



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る