広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 家族という苦しみ

家族という苦しみ


家族というものはいいものだろうか?
私は疑わしいと思っています。もちろん、きちんと内実があり、機能している家族をたくさん知っています。
素晴らしいと思える家族もたくさん知っています。
しかし、逆に、中身のない、会話もない、まさに空洞のような家族もたくさん知っています。
形は綺麗、家も綺麗、しかし、中身は何もない。こんな家族をたくさん見てきた私には、家族が単純にいいものとは思えません。
家族があるから苦しい、家族が抑圧してくる、コミュニケーションもないのになぜ同居しているのか・・・・・・意味のわからない家族も
無数にあります。
形や外見や外面にこだわり、空っぽの家族を継続することに意味があるのでしょうか?
その形がなかにいる人を抑圧しているのではないかと最近よく思います。
そんなことなら解散や解体もありでしょう。

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る