広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 人が辛い時には

人が辛い時には


言葉はいらない。言葉なんか発しても軽い。軽すぎる。
「大丈夫?」とか安易な慰めの言葉をかける人がいるが、私は時間と気持ちをかけて、そばにいたらいいと思う。
何も言わないで、ずっとそばにいることが一番大事だと思う。
安易な声掛けをして、すぐにいなくなるのが最悪だ。こんな人は自分のことしか考えていない。
声を掛けるパフォーマンスをした上で、早く自分の生活に戻りたいのだ。
辛い状態にいる人は、そんなことはすぐにわかる。辛い状態のいるのだから、すごく敏感だ。
「あっ、声をかけて形だけ優しい感じを見せて、逃げたな」と気づく(笑)こんな人が多いのだ。
辛い人の傍にはついていてあげよう。それだけでいい。
言葉なんかいらない。気持ちと時間をいっぱいかけてあげれば。

71cCZT66ElL__SL1088_



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る