広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 私は学校が大嫌いだった  

私は学校が大嫌いだった  


私は学校が嫌いだった。今も嫌いだ(笑)
だから、学校が嫌いな子供の気持ちがわかる部分がある。理由のすべてが一緒ではないが。
私が嫌いだった理由は、記憶が中心の授業が嫌だった。義務教育が12年もあるのがしんどかった(高校も事実上義務教育だ)
授業中に対話もせず聴き続けるのが嫌だった。みんな仲良くという考え方が嫌だった。まだあるがこんなところだろう。
記憶を前提に考える授業がいいと思っていたし、学校の勉強が嫌いな人を中学高校に閉じ込めておくから、いろいろ暴れると思っていたし、座ったままで受動的だとやる気もでないし、眠くもなる、もっと主体的なものにしてほしかったし、学校とはみんな仲良くではなく、仲の悪い人とも共存する
訓練だと考えていた。

要するに、学校の勉強をしたくない人間を、むりやり座らせ、主体性を奪い、考える力を否定し、記憶ばかりを重視し、一日中、12年間も
受動的な状態に封じ込めておく場所が、私にとっては学校だったのだ。
今でも、同じように感じ、学校が嫌になった人には断言している。「行かなくていいよ。道は無数にある」と。
本当に無数にある。その無数にある道を教えないで、封じこめるから、いろんな問題が起きるのだ。

ppj_f4_16



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る