広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「海街ダイアリー」       是枝裕和監督作品

「海街ダイアリー」       是枝裕和監督作品


とてもいい作品だ。大きな事件は起きない静かな作品。

しかし、人生のとても大事なことを問いかけている。

今回も、是枝監督のメインテーマである家族を描いている。そして、いつも通り複雑な家族(笑)
「そして父になる」が、新しく親子になるという内容であるように、今回は、新しく姉妹になるというような内容だ。
異母姉妹が、父親の葬儀をきっかけに、本当の姉妹になっていく話だ。
親子や兄弟姉妹を当たり前のように考えている人がいるが(引きこもり相談のご両親でそんな方が多い)、そんなことはない。
親子だろうが兄弟だろうが、深いコミュニケーション、深い関係がなければ他人だ。
いや、血縁がある分、他人より遠い。
親子も兄弟姉妹も、丁寧に繊細に関係をつくらなければ、他人よりはるかに他人。こんなことが感じ取れない人が、引きこもりのご両親には多い。
要するに雑で鈍感なのだ。
この映画は、親子や兄弟姉妹であることは自然ではなく、深いコミュニケーションが必要だと教えてくれる。

poster2



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る