広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 先生が親という悲劇    子供に生徒指導する喜劇

先生が親という悲劇    子供に生徒指導する喜劇


いろんな家族を見るが、親が先生というのはめんどくさい。正直邪魔だ。
家でも先生のように振る舞うし、子供の上に無意識に立とうとするし、つまんない規範意識で子供ががんじがらめになる。
親は気づいていないが、親が先生だと、それだけでかなり窮屈だ。
子供への問いかけも「困ったことがあれば言え」とか「何に悩んでいるんだ」とか「筋道立てて言え」とか、上に立ち、先生のようなこと
ばかり言う。そんなことがクリアに答えれるくらいなら、そもそも悩んでない(笑)問い自体が愚かなのだ。
混乱して、錯綜しているからこそ悩んでいるのだ。
そんな時にするべきは、水平な立場で、一緒に気持ちと時間を使い悩むことだ。答えは子供が出す。
時代や個人により答えは違うから、親の意見は意味のない場合が多い。
しかし、先生は上に立ちなれているし、指導しようとばかりしてしまう。これでは、どうしようもない。
子供は「俺は生徒じゃねえ」という風に考える。
とにかく、親が先生だとめんどくさい。
めんどくさいない、柔軟な先生の親御さんがもしおられましたら、お許し下さいませ(笑)

41eWMDU4J-L__SX354_BO1,204,203,200_



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る