広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 人にとって大事なものが欠けている時

人にとって大事なものが欠けている時


生きる上で、どうしても大事なものが欠けている時にどうすればいいだろうか?
私は二つの方法があると思う。
一つ目は、自分以外の人に欠けた部分をフォローしてもらう方法。自分で足りないわけだから、人との関係をきちんとつくり、自分の
欠けた部分を埋めてもらうのだ。
二つ目は、自分の欠けている部分を、欠けた時にさかのぼって、自分でなんとかしてく方法だ。
もし、小学校レベルの部分が欠けていれば、小学生レベルからやる。どこまでもさかのぼり、その時点から学び直すのだ。
この二つの方法は、相反するものではなく、両方必要だと思います。
人の助けを借りながら、自分で自分の現時点での問題を、基礎的レベルからやりなおす。
こんなことができる人は大丈夫。
失敗を繰り返す人の多くは、人との関係をないがしろにし、助けを借りず、自分の欠けている部分に目のふさぎ、今の自分で
何とかしようとする。しかし、これでは上手くいかない。
何年たっても、何十年たっても同じ場所をまわっている。そして人にあたりちらし、社会を恨み続けて人生が終わる。

topevent_03



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る