広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「嫉妬をとめられない人」   片田珠美著

「嫉妬をとめられない人」   片田珠美著


昔の私は嫉妬深かった。20代は特にひどく、20代の私は嫉妬でできていた(笑)
これはマジです。
自分の人生が自分のせいで上手くいかないのに、他人に嫉妬ばかりしていました。
人の失敗を願い祈り、毎日を過ごしていました。最悪最低ですが、事実だから仕方ありません。
嫉妬とは、全力で自分のことに取り組まず、人を引きずり下ろす気持ちだと私は思います。
これは最悪。自分は努力しないので伸びることはなし、精神的にどんどん卑屈な悪い人間になっていきます。
こんな人間を評価する人はいません。
努力なしに、引きずり下ろすことばかり考えているのですから(笑)
大事なことは、小さなことでも自分のことに全力で取り組むことです。

無題



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る