広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 高原で一人星を見る     20代の自分に会いに行く

高原で一人星を見る     20代の自分に会いに行く


20代はまさに彷徨していた。居場所もなく、魂が浮遊している感じ。
そんな時に、長野県の信濃川上村に「高原野菜収穫」のアルバイトに行った。5月から10月くらいの時期に、朝は5時から夕方18時
までの仕事。内容はレタスや白菜やサニーレタスやグリーンボールの収穫の手伝い。
肉体的にも精神的にもきつかったが、この経験は今の自分を支えている。

アルバイトは私一人だったので、肉体的より精神的に辛かったし
さびしかった。毎日仕事が終わったら、本を読み、星を見つめていた。時には涙し、いろんなことを一人で考えた。
こういう経験を通じて、私は少しは大人になれたような気がする。
今の少年青年は、一人でいること、孤独なことをずいぶん嫌がっている気がする。LINEなんて特にそうだ。
しかし、孤独な時間にこそ、自分のやりたいことができ、自分と向き合い、自分を成熟へと高める。
できれば、孤独な時間をもってほしい。スマホなんか水没させて(笑)

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る