広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 20代で一度死ぬ 

20代で一度死ぬ 


私は20代で一度死んでいる。
肉体が死んだわけではないが、精神的に一度死んでいる。
そこで大きな価値観の転換が起こった。
それまでの自分は、まさに自分自分自分。他人のことなんか考えていなかった。
私の中に他人はいなかった。自分だけで完結していたのだ。
今考えると、どうしようもない。母に産んで育ててもらいながら、自分で完結していると妄想していたのだ。まさに馬鹿(笑)
20代の自分の死の中で、自分は関係性の輪の中で生きていることに深く気付いた。
生れた時からずっと、関係性の中にいるのだ。
私自身こそが関係性なのだ。この書いている言葉も関係性。関係性がなければ、言葉は不要だ。
私自身が関係性だと気づいた時から、いろんな人が大切に思えてきた。
関係性を大事にすることは、相手を大事にすると同時に、自分を大事にすることなのだと。

20070404181855



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る