広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「人生を面白くする本物の教養」 出口治朗著

「人生を面白くする本物の教養」 出口治朗著


出口氏はライフネット生命の会長だ。日本で初のネット生命保険。
その出口氏が教養の大切さを説いている。これには私も全面的に同意する。
彼の教養の定義は「考えること」だ。教養とは知識でも記憶でもなく、考えること。
このことは西欧ではとても重視されている。しかし、日本では記憶重視だ。
記憶=教養なのだ。
しかし、これからの時代はこれでは困る。記憶とは過去。考えるとは現在、未来だ。
記憶重視ではもう太刀打ちできない時代だ。

本物の教養、自分で考える力をつけよう。もう答えなんかない時代だ。
一人一人が答えを作り出していかなければならない。

2015103016280000

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る