広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 哀しいほど浅い感情

哀しいほど浅い感情


ひきこもり面談をしていると、哀しいほど浅い感情の親御さんがいる。
話をしても表面をなでまわすような内容しかない。
私は思う、「こんな人が親だと子供は辛い」なと。当事者意識もほとんどないし、なんとなく面談に来ている。
自分から提案することもないし、本心は「子供だけが悪い」「なんで自分がこんなことに関わらないといけないのか」と思っている。
こんな感情は丸わかりだ。
子供も、こんなことはすべてわかっている。親が本当に心配してくれているか?すべて見抜いている。
哀しいほど浅い感情に出会うと涙が出そうになる。
子供たちは、こんな人に囲まれて日常を過ごしているのかと思うと切ない。
これでは引きこもっても当然なのだ。親と話をしなくて当然なのだ。親を信頼しなくても当然なのだ。

いろんな親に会えば会うほど思う。この親にしてこの子ありだと。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る