広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > はかなさという感受性

はかなさという感受性


日本人は桜が大好きだ。
それは花が綺麗というより、桜の花があらわすはかなさへの共感なのだと思う。
日本人は永遠ではなく、一瞬を愛する。
これは明らかに西欧の考え方とは異なる。
日本人は最後の審判ではなく、現在の一瞬に惹かれる。
今、この一瞬を大事にする。これはお茶の精神にも通じる。
一期一会、戦場に行く前の一服。一瞬先には、この命はないかもしれない。
私はこんなことを想いながら今日を生きています。
私には明日があるとは思えない。だからこそ、今日を大事にしたいと思います。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る