広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「龍三と七人の子分たち」 北野武監督作品

「龍三と七人の子分たち」 北野武監督作品


いやーむちゃくちゃな映画だ。最初から終わりまでむちゃくちゃだ。
元ヤクザの高齢者が走り回る。キャストも素晴らしい。
なかでも、マック役の品川徹さんが素晴らしい。
病院で銃を振り回しながら奇天烈な演技がとてもチャーミングだ。
「白い巨塔」の大河内教授を演じた同じ人物とは思えない。大河内は重厚な役、今回はどしようもないヤクザだ。

今からの時代は、高齢者といっても元気だ。
定年後に、時間を潰すのではなく、社会の役にたつことをやってほしい。
今までは仕事で忙しかった人々も、いろんな人のために自分の命を使ってほしい。
この映画を観て、そんなことを考えました。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る