広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > お金を渡せば関係を失う

お金を渡せば関係を失う


友人にお金を貸すと、友人を失うことになることがある。
それは、友人関係が債権債務関係になるからだ。友人関係に金を持ち込んではいけない。
同じように、親子関係に金を持ち込んではいけない。
もちろん、小さい頃に、衣食住を提供するなと言っているわけでははない(笑)
成人しているのに、小遣いを渡したり、衣食住を提供することを言っているわけだ。
これをする限り、子供は子供のままだ。自立したり、自分で責任を持ったりすることができない。
親が安易に、金で済ませよう、楽をしようとすればするほど、子供は子供のままで、幼稚さを維持する。
そして、金を渡すことが、関係を深みめるきっかけを失わせる。
金を渡せば渡すほど、関係が希薄化、関係を失っていくのだ。
これは、子供のせいではない。親の責任だ。
金を渡す行為が、子供が金金金になる原因だし、親子の関係を失わせる原因なのだ。

eyes0954

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る