広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 大勝軒分裂騒動に想う

大勝軒分裂騒動に想う


大勝軒創業者の山岸氏が亡くなった途端に、大勝軒が分裂した。
山岸氏は、懐が深く、いろんな人をのみ込める大きな人物だった。
しかし、そんな力量はどの弟子にもない。山岸氏はとてつもなくすごい人物なのだ。
こんな方が亡くなれば、それまで包摂されていたいろんな差異が噴出してくる。
みんなの「自我」が出てくる。山岸氏はそんな「自我」さえも大きく緩やかに包摂していたのだ。
そんな人がいなくなるとバラバラになるのは当然だ。
誰もまとめることができない。もともと山岸氏のカリスマ性や度量でしかまとまらないのだ。
これから、どうなるだろう。
お互いに攻撃しあい、お互いが崩壊しないことを祈る。並び立てばいいだけなのだ。

book02

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る