広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 老いとひきこもりを考える

老いとひきこもりを考える


私は今、どちらとも関わっている。かなり深く関わっている。
実はこの二つはまったく関係のないように見えるが、よく似ている。
例えば、両方とも、引きこもったりするし、考え方が固くなる、孤立する、意欲がなくなったりする。
人間が弱くなると、年齢問わず、同じような状態になるのだ。
私も20代に同様の状態になったからよくわかる。私は20代の引きこもりであり、20代の老人だった。
考え方が凝り固まり、孤立していたし、意欲もなく、最終的には声もでなくなった。
こんな状況を少しでも改善するには、高齢者や引きこもりの行動を待っていてはいけない。
どんどん、話しかけたり、コミュニケーションをとってほしい。
そこで大事なことは、話しかける方は、相手が全然わかんねーなと言うのではなく、どのようにしたらわかってもらえるかを考え続けてほしい。
相手は凝り固まっている。この凝りをとるにはどうしたらいいかと深く考えて頂きたい。
私たちも肩がこったら、温泉やスーパー銭湯に行くはずだ。
凝り固まっている人にも、魂の温泉が必要なのだ。
これができるのは人間しかない。私の考えでは魂の温泉とは、人間なのだ。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る