広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「自助論」 スマイルズ

「自助論」 スマイルズ


この本は「学問のすすめ」とともに、明治維新、明治時代を支えた本です。
ものすごく簡単に言うと、「自分でどう生きるか?自分でどうよりよく生きるか?」という本です。
明治時代はほとんどなんの保障もない時代。社会保障もないし、保険もない。
こんな時代にどう生きるか?ということを問うた本です。
今の日本は、多くの人が税金(他人の金)に群がり、親にしがみつき生きています。
寄らば大樹。就職活動での志望も公務員や大企業狙い。
これでは、そこで何かあった時に自分で自分を助けることさえできません。
こんな時代に「自助論」は必読の書だと思います。
まったく古びておらず、今の日本でこそ読まれるべき本でしょう。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る