広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「元少年Aの殺意は消えたのか」     草薙厚子著 

「元少年Aの殺意は消えたのか」     草薙厚子著 


この本と「絶歌」をあわせて読んでみたが、殺意が消えたとは到底思えない内容だ。
医療少年院で「育て直し」をしたと書いてあるが、育て直しはどの程度可能なのだろうか・・・・・極めて疑わしい。
人を殺してもいい、人を殺してもなんとも思わない、殺してみたい、殺すのが楽しいという人間を、「育て直し」できるのだろうか?
私は無理だろうと思う。

ではどうしたらいいのか・・・・私には正直わからない。
大人とは違い、子供は変わるような気もするし、変わらないようにも思う。
生育の過程で、人を殺してもかまわないと考えてしまった人間が変わるとは私には考えにくいのだ。
しかし、死刑なのか、一生なんらかの施設に入れるのか・・・・・・どうしたらいいのだろう。
変わる少年もいれば、変わらない少年もいると思うが、変わらない少年をどうしたら・・・。

すべての子供は変わるとの言説があるが、私には到底信じることができないのだ。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る