広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 父親が心配り気配りする家は大丈夫   今日も引きこもり相談

父親が心配り気配りする家は大丈夫   今日も引きこもり相談


引きこもり相談を受けていると、父親が死んでいる家が多い。
本当に死んでいるのではなく、精神的に関わりを持たず、精神的に死んでいる家が多い。
引きこもりがいない家庭は、父親が生きている、精神的に生きている。
これは学歴や地位は関係ない。地位が高くても死んでいる父親は多い。
子供はそんな父親は認めない。外面だけがいい世間体オヤジだと見抜いている。
家では何もしないし、そもそも子供と関係がない。精神的に他人だ。
母親は心配り気配りをする人が多いが、過剰なのだ。何でもやって子供を幼児のままにする。
母親が幼児のままにして、父親が無関係。これで健全な子供ができる方がおかしい。
もし、健全に育ったら、それは親以外の、先生や友人や本人の頑張りだろう。
引きこもり(男性がほとんど)は父親とまったく同じようになる。心配り気配りのない父親そのものになる。
まったく父親の鏡なのだ。
さあ、お父さん、どうします?遺伝も環境もあなたです。鏡に映った像(子供)を先に変えますか?(笑)

まさか、鏡を割りますか?
dscf4589

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る