広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 大人の生き方こそ問われている

大人の生き方こそ問われている


引きこもりや不登校の相談を受けていると、親御さんに子供はダメだ、子供を何とかしてほしいと言われる。
いや違う。子供ではなく、大人の生き方こそ問われているのだ。
子供の世界に問題がある場合、それは子供の世界特有の問題ではなく、大人の世界の反映であることが多い。

親の価値観や考え方、あり方を再検討して頂きたい。

まさに、親の生き方死に方が問われているのだ。
どのように人に貢献し、どのように人と関係をつくり、どのように家の中で振る舞い、どのようの年を取り、どのように死んでいくかが
試されている。子供は、そのすべてを見ている。
仕事ばかりしているんじゃないか?仕事に逃げているんじゃないか?友達いないんじゃないか?自分のことができないんじゃないか?
外では偉そうんだが家ではどうしようもないとか、すべてを見ている。
まさに、生き方死に方のすべてが問われているのだ。
子供の問題は大人の問題だ。
私も、日々、若い人に、こんな人生なら生きてもいいなと思われるように生きたいと思っています。

20140927_436438



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る