広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親が保護しているかぎり、子供は感情を抑えることはできない

親が保護しているかぎり、子供は感情を抑えることはできない


赤ちゃんは感情を抑えない。これは当たり前だ。
自分では生存できず、泣くこと、感情で親に訴えるしかない。
要するに、泣くことで親をコントロールするわけだ。
引きこもりは何歳になろうが同じような手法を使う。感情で親をコントロールするのだ。
怒れば親はビビり言うことを聞く、泣けば同情していうことを聞く、無言でいれば気にして話しかけてくれるということ知っている。
頭はいいので、赤ちゃんとは比べものにならないほどタチが悪い(笑)
親が保護する限りこの状況は続く、親が対応する限りこの状況は続く。
ハッキリ言えば、親がそんな対応をするから子供の状態は変わらない。
親が保護する限り、感情を抑える必要はないのだ。
人間は社会と他者と触れ合わない限り、感情を抑えようなんて思わない。
子供が社会に出ないからどうすればいいか?親が知恵を絞り、家庭に社会を導入すればいいだけです。

具体策は、親が血と汗を流して考え実行してくださいませ。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る