広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 自由から孤立へ

自由から孤立へ


戦後の日本は自由を最大の価値としてきた。
個人の自由だ!自由な空間だ!何してもいいじゃないか!という空気が支配してきた。
しかし、今、その自由は孤立へ陥り始めた。
地域の共同体は壊れ、会社の共同体的機能は弱体化し、単身世帯が一番多くなり、どんどん孤立化が進んでいる。
自由に生きるには、金と健康が不可欠だが、金がなくなり、健康を害したら、自由に生きるのは無理だ。
そうなると、国家の世話になる、いや税金の世話になることになる。
家族も共同体もなければ、国家しかない。これを実現するには、現役世代に高負担を強いるしかない。
これにも限界があるだろう。地域が空洞化しているので、地域に頼ることもできない。
さあ、これからは自由から孤立の時代になってくる。
一人ではなく、国家に頼らないで生きる方法を模索しなければならない。
一人では無理だし、国家にみんなが頼れば破綻するのは目に見えている。さーどうする。
これはみんなに問われている課題だ。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る