広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 本を読む意味とは             今日も引きこもり相談

本を読む意味とは             今日も引きこもり相談


私は人の考えや気持ちを理解することにあると思います。

書いている人は、どんな風な価値観で、物事をどう考え、どんな気持ちで書いているのかを理解するために読む。
そんな風に本を読めば、いろんな人の気持ちもわかるようになります。
しかし、世の中には本を読まない人、読んでも、専門書だけしか読まない人がいます。そんな人は、なかなか気持ちを深く読めないし、表面的なロジックしか読めない場合が多いです。
人にとって大事なのはロジックだけではなく、そのロジックを支える価値観や考え方です。これが読み取れるかどうかが大事。
引きこもり相談を受けていると、これが読み取れないロジック人間、ロジックお父さんばかりで困ります。
お母さんは読み取れるのだけど、ロジックがない。一貫性がないので、その場しのぎの対応だけで右往左往します。
皆さん、本をもっと深く広く読みましょう。

本を読むことは、子供の気持ちを読むことなのですから。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る