広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「味園ユニバース」           山下敦弘監督作品

「味園ユニバース」           山下敦弘監督作品


私は山下敦弘監督の作品が好きだ。
「苦役列車」のように生き方が不器用な青年が出てくるのが大好きだ。

この作品も、歌うこと以外の記憶を失った青年が、新たに再生するまでを描いている。私はこんな話が大好きだ。
まるで、20代の私のようなストーリー。まあ、私は渋谷すばるのような男前ではないが(笑)

私も20代、大した記憶もなく、存在する記憶も消し去りたいと強く持って生きていた。
まさに、この映画の主人公のようだ。
山下監督もそんな人物を描くのが得意・・・・・というか、おそらく山下監督自体がそんな人なんだろうと感じさせる。
不器用で、人生がうまくいかない青年が、何かに出会い、蘇っていく。
これは奇跡のようで、奇跡ではない。本当に一所懸命、一つの事に命を懸けていると、起こる出来事である。
何もしないのでは起こらない、いろんなことをやっていては起こらない。
一つのこと、これしかないという強い思いが、奇跡のような出来事を起こすのだ。
山下監督にとってそれは映画であり、主人公には音楽なのだ。

もし蘇りたい、再生したい、人生をリセットしたい人がいるなら、一つの事にわき目も振らず、命を懸けて取り組んで下さい。
小さな穴かもしれませんが、必ず未来への光が見える穴が開きます。

o0720111213115884324広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る