広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 何もしなくてもご飯が食べられる生活が羨ましい

何もしなくてもご飯が食べられる生活が羨ましい


とは思わない(笑)
そんな生活は、人間をどんどん弱くし、自立心をなくし、依存度を高める。
子供は自立しないのではく、親が自立をどんどん難しくしている。
一日三食食べれれば、人間は働こうとか、自分でなんとかしようとか、いろんな人に会おうとか思うわけがない。
満たされている人間が何かしようなんて思わない。
足りないと思うから、それを満たそうと思い動くのだ。
子供が動かないのではなく、動かないですむ環境を作っている親が問題だ。
私でも三食昼寝つきならそっちがいい(笑)
保護すればするほど弱っていく。親が子供を弱らせているのだ。
今日ご飯を出せば、今日弱り、明日ご飯を出せば明日も弱り、未来までどんどん弱らせ、親が死んだ後、弱り切った子供を一人で遺すのだ。
それでいいならいい。自由だ。

人間は環境に順応する。食べさせてもらえる環境に順応するのは合理的なのだ。

そして、どんどん堕ちていき、不満だけを垂れ流していく。

98_2

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る