広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 家族に疲れた     6割

家族に疲れた     6割


働き盛りの6割が家族に疲れているらしい。
そりゃそうだろう。今の家族制度自体が息苦しすぎる。日本の家族は法律や慣習でがちがちに固められている。
結婚式でありもしない「永遠の愛」を誓い(愛がないのではなく永遠なんてないということ)、35年ローンでがんじがらめになり
労働がどんどん大変になるご時世に、男性はイクメンであることを求められ、女性は共働きをし、社会進出を国家をあげて期待
されながら、なおかつ少子化の解消に貢献し、高齢者の両親の面倒をみる必要に迫られるのだ。
これでは、家族に疲れて当たり前。昔は、大家族で負担は分散していた。
しかし、今は核家族。個人の負担は計り知れない。
しかも、家族の負担を軽減できる社会的な仕組みには不備が多すぎる。
これでは、家族に疲れる。家庭の運営に疲れても当たり前なのだ。
これには、家族の形をもっとゆるく、いろんな形を受け入れる寛容さが必要だし、それを支える社会的サポートが必要だ。
それがない限り、今のままでは、たくさんの人が追い詰められていくだろう。
こんな中で介護離職も起きてくる。いろんな働き方ができ、かたい家族、法的な家族ではなく、自由な関係、いろんな関係を包容する
社会になれば、いろんな負担も軽減するだろう。
私は「永遠」なんてないものを誓うことはしない。大事なのは「今」だ。

永遠を語る前に、今の苦しみ、疲れを解消することが大事だろう。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る