広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「格差固定」     三浦展著

「格差固定」     三浦展著


私は格差自体はあったほうがいいと考えている。
頑張った人とそうでない人の格差は当たり前だと思うのだ。
しかし、格差の固定、格差の連鎖には極めて否定的だ。
家が金持ちだと金持ちになれ、貧乏だと大学にも行けない世界は大問題だと思う。
こんな状態では、個人に希望はないし、絶望した個人がたくさんいる社会は不安定になる。

格差はいいが、格差の固定は極めて危ないのだ。
貧困家庭でも、きちんと勉強できるシステムや、貸与ではない奨学金の拡充をしなければ、格差の固定は進む。
格差を解消する一つの大きな方法は「教育」なのだ。
いろんな子供たちが、生まれで絶望することがない社会を願ってやまない。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る