広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「さよなら歌舞伎町」       廣木隆一監督作品

「さよなら歌舞伎町」       廣木隆一監督作品


私は廣木隆一監督の作品が大好きだ。
どの作品も、人間のどうしようもなさ、愚かさを描いており、切ない。
生きることとはなんと、くだらなく、可愛く、どうしようもないものだと改めて気づかされる。
この「さよなら歌舞伎町」もそんな映画だ。
舞台は場末のラブホテル。もうこれだけで、どうしようもない(笑)
この場所に、いろんな嘘を抱えた男女が集まっている。
主役の染谷将太が素晴らしい。挫折し鬱屈した青年をうまく演じている。
いろんな嘘が交差し、生きることのどうしようもなさがぶつかる。
人間が生きるというのは、そんなにきれいではない。清濁併せのむ必要もある。
この映画は人間が生きることを教えてくれる。生き抜くことを教えてくれる。
私はいろんな相談にのっていて強く感じるのは、みんなきれいに生きようとしているとこと。
しかし、きれいに生きることより、どんな環境でも生き抜く力を持つ方が大切じゃないでしょうか。

f545c983d16575

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る