広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「セッター思考」       竹下佳江著

「セッター思考」       竹下佳江著


昔のリーダーはカリスマ的な人が多かった。
どんどん会社やチームを引っ張っていくリーダーだ。
現代では、そんなことをしていたら、みんなどんどん辞めていく。誰もいなくなるだろう。
竹下氏はバレーのセッターであり、自分はセッターのようなリーダーだとも述べている。
これは、自分でガンガンスパイクを決めて引っ張っていくのではなく、みんなの状態をよく見極め、、調整し、打ちやすいトスを上げるようなリーダーということだ。
確かに、現代では一人で何かできることは極めて少ない。いろんな人の力を合わせないと上手くいかない。
セッターのようにいろんな人が打ちやすいトスをあげれるかがとても重要なのだ。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る