広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > どんな仕事をしても生きていく

どんな仕事をしても生きていく


私はどんな仕事をしても自分で生きていくことが何より大事だと考えている。
大金持ちなら親の財産で生きるのいいだろう。それも自由だ。
しかし、そうでない限り自分で生きるしかない。
しかし、親が過剰に保護してしまった子供はプライドばかり高く、自分で生きることができない。
これはすべて親の責任だ。
自分で生きれないようにしてしまったのだ。独立心を潰してしまった。

こんな子供を遺したまま、親は死んでいくのだ。
今ならまだ間に合う。親が本気になれば子供は変えられる。
子供が変わらないのは、親が本気じゃないからだ。
まだ時間があると思っていると、それは子供にすべて見抜かれます。

親の余裕=子供の怠惰

121219_yoitomake

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る