広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 父親は子供に苦悩を見せよう

父親は子供に苦悩を見せよう


「ぼくらの時代」で俳優の小日向文世氏が、「自分は演技で苦しみ、どうしようもなくなり、もう限界まで来たときに、息子たちに
演技をみてもらった」と語っていた。
実に素晴らしい。
こんなお父さんは素晴らしい。自分の苦しみをさらけ出し、子供に見せるなんて、なかなかできない。
日本人は、カッコつけで、自分の弱い所を見せない人が多いので、子供はお父さんから何も学ぶことができない。
戦後はサラリーマン社会になったので、まったく何も見えない。
こんなことでは、子供は社会が何も見えない。
特に、引きこもりは、社会との接点が少なく、親を通してしか社会がわからない。親=社会   親=世界なのだ。

親の苦悩を見せてあげて下さい。生きることのすべてを見せてあげて下さい。
のた打ち回る姿を見せてあげて下さい。

51+CyNhEcOL__SY355_

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る