広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > イスラム国という希望       個人の希望はどこにあるか

イスラム国という希望       個人の希望はどこにあるか


イスラム国には希望はない。
しかし、今の日本にも希望がないと感じる若者もいるのだ。これは事実。
ある人々にとっては、日本よりイスラム国の方が希望があるのだ。自分に役割があり、生き生きと生きれると思いイスラム国に渡る。
本当にしなければならないことは、渡航の禁止ではなく、日本を魅力ある場所にすること。可能性に満ちた国にすること。自由な国にすること。息苦しくない国にすること。
これは難しい課題だが、これをしなければ、日本に絶望する若者は後を絶たないだろうし、第二のオウム真理教もでるかもしれない。極めてソフトな形で。

私自身にできることは私が希望に満ちた生き方をすること。若い人が見て日本にいるのもいいなという生き方を。

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る