広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 雨露をしのぐ

雨露をしのぐ


私の幸せレベルは低い。雨露がしのげればいいのだ(笑)
それくらいですごく幸せ。
20代は、本当に貧しかったし、何ももっていなかった。
今は、ある意味、何でもある。すべてを持っている(大金持ちという意味ではない)
欲しいものはすべてある。
家も雨露がしのげて、自分で毎日食えるだけで素晴らしいと思う。
そんな感じだから、感謝の念が常にある。
衣食住が親に満たされている人は、ある意味、可哀想だ。感謝の念も発生しないし、不満ばかりで生きることになる。
雨露をしのぐなんて、馬鹿みたいに思うと思う。
自分で生きるのは極めて大変だ。この大変さを教えれるのは親しかいない。
衣食住が当たり前の傲慢な人間にだけはしてはいけない。その人には他人の優しさがわかることはない。

img_0

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る