広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「ポジティブ哲学 」 小川仁志著

「ポジティブ哲学 」 小川仁志著


この本はアラン、ラッセル、ヒルティの幸福論についてまとめている本だ。
内容は読んで頂くとして、私が一番感じだのは、自分の中に閉じている人は不幸だと言うことだ。
幸福とは、自分以外の人に何かをすることだし、幸せは自分の外にある。
不幸な人は、自分のことばかり、自分の世界ばかりを考える。
自分はうまくいかない、自分が儲からない、自分を大事にしてもらえない、すべてが自分自分自分だ。
そんな人に幸福が訪れるわけがない。
幸福とは、人のことや自分以外の世界のことを考え行動する人に訪れるものだ。
例えば、人のことを幸せにしようと働けば仕事が上手くいくし、人を幸せにしようと生きれば、恋人や友人がたくさんできるはずだ。
自分のことばかり考えている人の仕事がうまくいくわけはないし、そんな人間の恋人や友人になりたい人はいないのだ。

51cT-P7hyEL__SX337_BO1,204,203,200_

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る