広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 余生を過ごす

余生を過ごす


今の私は余生の気分で生きている。
20代に一度死んだので、残りの人生は余生気分だ。
まさに、おまけ。おまけと思っているので、欲しいものもない。
別に、おまけだからテキトーに生きているわけではなく、おまけだからこそ自分のやりたいことをやるのだ。
それは、自分のことではなく、人の役にたつこと。
私個人の考えでは、定年退職した人は、もう自分のことではく人の役に立つことを中心に生きてほしいと思う。
もう自分のことはいいじゃない。
これから死に向かうわけだから、世界や社会のために生きてみてもいいと思います。
無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る