広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親が保護するほど子供は考えなくなる

親が保護するほど子供は考えなくなる


子供を考えなくさせているのは親だ。
誰でも保護されている限り考えることはない。
これは戦後の自動車業界と農業界を考えてみれば一目瞭然だ。
自動車業界はトヨタを含め国家に潰されかけた。それを企業の創意工夫で日本を代表する産業に「民間」がしたのだ。
他方、農業界は徹底的に保護され、農協も国家に守られ、補助金をじゃぶじゃぶ注ぎこまれた。
その結果、ほとんど総意工夫もなく、完全な依存体質になってしまった。
これは国家がそうしたのだ。自民党が票のためにそうしたのだ。
子供も事前保護すればするほど、弱くなり、考えなくなる、依存体質になり、まだ足りないまだ足りないと親にお金をせびる。
「金を出せ」「・・・・しろ」と親を脅しまくる。
しかし、これは親が事前保護した結果だ。
本当は、事前保護せず、よく観察しながら本当に危ない時だけ事後的対策を打てば良かったのだ。
これからでも遅くない。
国家や親の制度を変えれば、農業も子供も変わる。今、農業も変わりつつある。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る