広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 泣きわめいて親を支配する子供たち 今日も引きこもり相談

泣きわめいて親を支配する子供たち 今日も引きこもり相談


赤ちゃんは自分の要求を通そうとする場合には泣き叫ぶ。
これは赤ちゃんのある意味唯一の交渉術だ。大泣きすればご飯がくる(笑)
しかし、この方法をいい年になっても使う人々がいる。
親に対して泣いたり、どなったりすれば、親が自分の思い通りに動いてくれることを知っているのだ。
親を赤ちゃんのように泣きわめいてコントロールしようとするのだ。
これへの対処は簡単。いっさい動かないこと。これに尽きる。
動いているから、子供も図に乗るのだ。

親が動けば動くほど、子供は幼稚になる。子供のままになる。
泣けば親が動いてくれるので利用するのだ。

無題

広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る